1.腎臓移植を受けるまで

  1. 血液透析と腹膜透析と腎移植にはどのようなメリットとデメリットがありますか
  2. 腎移植は腎不全の治療法として優れているのですか
  3. 献腎移植は脳死移植で行われるのですか
  4. 2つの腎臓の移植を受けることができますか
  5. 日本ではどれくらい腎移植が行われているのですか
  6. 海外ではどれくらい腎移植が行われているのですか
  7. なぜ日本では腎移植が少ないのですか
  8. 詳しく腎移植の話を聞きたいのですが、どこに行けばいいですか
  9. 腎移植後も水分制限が必要ですか
  10. 腎移植後も食事療法が必要ですか
  11. 腎移植後、透析療法中に起こっていた体のかゆみはどうなりますか
  12. 腎移植後、透析療法中に起きていた便秘はどうなりますか
  13. 腎移植後、フルタイムで働くことはできますか
  14. 移植後、激しい運動をすることはできますか
  15. 透析療法中に起きていた貧血や倦怠感はどうなりますか
  16. 透析療法中に起きていた心疾患や循環器障害はどうなりますか
  17. 透析療法中に起きていた高血圧や低血圧はどうなりますか
  18. 透析療法中に起きていた高カリウム血症や高リン血症はどうなりますか
  19. 透析療法中に起きていた手根管症候群や破壊性脊椎関節症はどうなりますか
  20. 透析を受けていなくても献腎移植は受けられるのですか
  21. 献腎移植を受けるにはどのような手続きが必要ですか
  22. 透析の状況や合併症の状態に関わらず献腎移植を受けられますか
  23. 献腎移植を受けるためにどのような検査をしますか
  24. 検査や腎移植の費用はどれくらいかかりますか
  25. 生体腎移植と献腎移植にはどのようなメリットとデメリットがあるのですか
  26. 生体腎移植と献腎移植はどうやって選べばいいのですか
  27. 家族にも移植の説明をしてもらえるのですか
  28. 移植を行ってくれる施設はどうやって見つければいいのですか
  29. 海外での腎移植を紹介してもらうことはできますか
  30. 献腎移植希望者として登録するにはどうすればいいのですか
  31. 献腎移植希望者として登録している人(待っている人)はどれくらいいるのですか
  32. 献腎移植希望者として登録や更新をするためには費用がかかるのですか
  33. 登録後、どのようにして移植候補者に選ばれるのですか
  34. 最初に登録した移植施設を途中で変更することはできますか
  35. 移植候補者として選ばれたら、誰からどうやって通知されるのですか
  36. いつまでに移植を受けることを決めればいいのですか
  37. 自分の都合で移植の連絡を断ってもかまいませんか
  38. 移植を受けることを決めたら何をすればいいのですか
  39. 生体腎移植を受けるにはどのような手続きが必要ですか
  40. 透析の状況や合併症の状態にかかわらず、生体腎移植を受けられますか
  41. 病気や障害があっても生体腎移植を受けられますか
  42. 高齢でも生体腎移植を受けられますか
  43. 小児の腎移植は何歳でもできますか
  44. 小児の腎不全の治療は、腎移植が最優先だと聞きました。なぜでしょうか
  45. 生体腎移植を受けるためにどのような検査をしますか
  46. 検査や腎移植の費用はどれくらいですか

・本項目のQ&Aを全てみる場合はこちら> Q1-1〜1-46

腎臓移植を受けるまで │ 腎移植手術と治療
腎臓提供者について腎臓移植後の生活社会システムと費用


ホーム腎移植Q&A